情報システム部門の業務負担を軽減するアウトソーシングサービス

仕事の幅が広く専門性も高い情報システムの業務。

キヤノンS&Sが2020年に実施した独自に調査した結果から、情報システム(以下情シス)担当者の

課題や求めていること、そして解決策をご紹介いたします。

情シス担当者に聞いた、システムを管理する上での課題とは

情シス担当者に聞いた、システムを管理する上での課題とは

2020年キヤノンS&S IT保守顧客満足度調査結果より

情シス担当者が抱える課題のトップは、『社員のITスキル向上』という結果でした。

社員のITスキルが求められる水準にないと、情シス担当者には「操作方法を教えてほしい」「ネットワークにつながらなくなった」といった問い合わせが入り、時間が無くなってしまうことが想定できます。


情シス担当者が、システムの保守に期待していること

情シス担当者に聞いた、システムの保守に期待していること

2020年キヤノンS&S IT保守顧客満足度調査結果より

情シス担当者システムの保守に期待することは、『トラブル時の迅速な対応』がダントツの結果でした。

また、そもそもトラブルを防ぐことでダウンタイムを発生させないことも重要なため、安定稼働の支援も重要視されているようです。


中堅・中小企業のIT活用を支援する キヤノンS&SのIT保守サービス

利用者のITスキルに合わせた問い合わせの対応、そして、安定稼働の支援とトラブル時の迅速な対応を
キヤノンS&SのIT保守サービスで
ご提供いたします。
IT保守サービス イメージ


■サービス内容

  • 使い方をもっと知りたい
       IT活用を促進する使い方のご支援
  • 業務運用を支援してほしい
       情シス担当者の各種作業の代行、運用支援
  • 安定稼働させたい
       安定稼働させるための、予兆監視・稼働状況監視支援
  • トラブルをすぐに解消したい
       トラブルの早期解消につなげる、障害の切り分け・解決支援

トラブルや操作問い合わせを受け付ける専用コールセンター

対応件数
年間65,000件
対応時間平均
約13分
お電話での解決率
82%

キヤノンS&Sの専用コールセンターは、Officeの使い方や操作などちょっとした使い方の問い合わせから
システムトラブルの相談等、大小さまざまな問い合わせを年間約65,000件対応。
お電話を受けたその場で8割以上解決している実績がございます。

情シス担当者に代わり、サポートデスクとして対応いたします。

対応の流れ

お電話で相談ください

操作のお悩み、システムの

トラブルはお電話で相談ください

原因を切り分け

原因を特定するため

ご質問させて頂きます

リモート接続にも対応

お電話で確認が難しい場合には
リモート接続で対処方法をご案内します

訪問での対応も標準

訪問が必要な場合は
技術者が訪問し解決に当たります

お困りの際はコールセンターにご連絡ください。お電話で内容をお伺いし、原因の究明にあたります。
ITスキルに不安があり、うまく伝わるか不安という場合もご安心ください。
お電話では確認が難しい場合には、お客さまのPCやサーバーにリモートで接続し確認いたします。
また、現地での作業が必要と判断した場合には、現地技術者がお伺いします。


コールセンターによくあるお問い合わせの例

使い方に関するご質問

・Officeでの画像の取り込み方を教えてほしい


・スライドショーの作成方法を教えてほしい

トラブルに関するご質問

・サーバーの共有フォルダーにアクセスが
 できなくなってしまった

・メールの送受信ができなくなった

・テレワークをしているが、ネットワークが
 つながらない

システムの運用に関するご質問

・サーバーの空き容量は大丈夫か?

・いつもと違うランプがついている

・バックアップの設定をしたが
 正常に取れているか確認したい

IT保守サービスを詳しく知りたい方はこちら

サービス内容や、対応内容について詳しく知りたい場合は、お問い合わせ・ご相談ボタンよりお気軽にご相談ください。

オンラインセミナーのご案内

申し込み受付開始 2月10日~
「ニューノーマル時代における、キヤノンS&S流 ITリテラシー教育研修ノウハウ」

開催日:2021年3月16日(火) 15:00~15:30

社内で教育体制を整えるのが難しい、ノウハウがないとお悩みのご担当者に向けて
キヤノンS&Sが提供する新しい教育スタイルをご紹介します                   申し込みページはこちら