課題から探す利用者情報の共有【介護福祉業】

介護現場では、介護職員・介護福祉士・ケアマネジャー・看護職員、栄養士などの専門職が役割分担をしながらチームで利用者を支えています。多職種連携をスムーズに行なう為には、利用者の情報共有や申し送り業務は欠かせませんが、そのための書類作成や記録業務は、まだ手書き作業が中心で重複入力も多くあり業務効率化が求められています。


関連ソリューション

ケア記録業務のICT化

事務作業の省力化と情報共有により、本来の介護業務に専念できる環境を整えることで、介護現場のコミュニケーションとケアの向上につながります。


介護向けSNS・ビジネスチャット

介護職は利用者との1対1のやり取りが多く、お互いの業務内容が見えにくいため、スタッフ間のコミュニケーションが希薄になりやすい職場環境です。簡単だから誰でも使えるビジネスチャットを、申し送りや業務の見える化に利用する介護事業所が近年増えています。


一斉通話(インカム)

スマートフォンをインカム・トランシーバーのように活用できます


ペーパーレス会議・研修会の効率化

紙文書の削減、情報共有の効率化が図れます