課題から探す居室見守り・事故防止【介護福祉業】

各種センサーにより居室内の利用者の状況を把握することで、事故防止・早期発見につながります。見守機器導入により巡回頻度を下げたり、利用者の状態を把握してから訪室するので職員の心的負荷軽減が図れます。 施設運営においても、より少ない人数で同等以上の業務を行うことができるので、夜勤加算要件が緩和されたり、人件費の削減が可能になります。


関連ソリューション

健康見守りサービス

非接触センサーで入居者の呼吸や心拍などを見守り、「まさか」の予兆を見える化します。


離床予知センサー

既存のベッド脚に取り付けるだけで導入できる離床予知センサー。


見守りセンサー

高齢者の様子をシルエット画像で確認、介護ロボットの見守り支援分野で活躍する見守りセンサー。


誤薬防止

投薬の人為的なミスを防ぎ、入居者の服薬履歴を細かく把握できる服薬支援システムで、ご利用者の安心を創出いたします。


感染症予防

水のチカラで、きれいで潤いのある空気環境を作り出す、全く新しい業務用加湿空気清浄機です。